タイの現地メディアでも超話題沸騰! 皆様の大反響にお応えして待望のAV出演第2弾!してもらいました(ハート) めっちゃ濡れやすくて敏感な新入社員をゲリラでイカセまくる 仕事中ず〜っとイカされ声我慢SEX SOD女子社員 新卒入社1年目 南国から来たハーフの子 宮崎リン



作品詳細

女優名 宮崎リン
レーベル SOD女子社員
監督 小松(17)
価格 1,980円
商品番号 1sdjs00069

関連記事

新着アダルト動画サンプル

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 09日

    全体を通して凄く面白かったです。バレるかバレないかの状況でセックスをしているりんちゃの姿がとても印象的でした。ライブチャットは絶対バレてたと想うし 車のシーンは、よく怒られないなとヒヤヒヤしながら視てました。最後は全裸で3Pが凄く良かった。やっぱり、セックスは全裸だよな!って想いました。全裸で追撃されながら読んでるりんちゃん、よく頑張りました。声我慢は出来なかったけど、次回作に繋げて欲しいです。

    • 匿名
    • 2020年 6月 09日

    2作目の今回は声我慢という事で、デビュー作では沢山イキまくってたリンちゃんがどれほど我慢出来るかのチャレンジ作品となってます。
    内容は1.オフィスでの玩具責め、2.配信中イタズラSEX、3.現場での隠れSEX、4.ナレーション中SEXの4シーン。
    この作品の自分の見所は3.現場での隠れSEXです。激しくハメられた後の潮の吹き方が凄いです。しかも2回も吹いてて1作目には無いリンちゃんのエロさをまた1つ見ることが出来ます。
    様々な雑誌のインタビューなどを読んでると、リンちゃんはMのようなのでこうゆうシチュエーションは興奮するんでしょうね笑 とても濡れてます。作品とはいえ嫌がりながらも、受け入れてしまうエッチなリンちゃんと普段から可愛らしいリンちゃんの両面が見れる作品です。
    エッチな事が終わった後の瞳がウルウルしてるリンちゃんがまた可愛らしいんですよ。1作目では気持ちよすぎて泣いてしまったリンちゃんが、2作目では泣く事は無いにしろ、綺麗な瞳をウルウルさせているのがなんとも守ってあげたくなる。

    今後も作品をリリースするかは解りませんが、彼女には無理して欲しくないですね。本職は社員さんですから。AV出る事が本来の仕事ではないですし。でも、次も期待してしまう。。。

    • 匿名
    • 2020年 6月 10日

    バレない訳無いと思いつつもどこかリアルで、楽しい作品でした。
    1作目とはガラリと変わって企画色の強い作品でしたが、社内で仕事中、チャットしながら、撮影現場、音声録音しながらえっちをされるリンちゃんバレない様に誤魔化したり普通のトーンの声を出したり我慢してる姿は可愛くて興奮しました。特にチャットをしながらのシーンは配信の時に実はですとか考えると面白い。次回作はプライベート的な姿もいいかなぁ期待が高まります。

    • 匿名
    • 2020年 6月 10日

    1作目も大活躍であったが本作品もいい仕事しています。色んなシチュエーションでいかされまくります。声ガマン出来てないし。

    • 匿名
    • 2020年 6月 12日

    困った顔、感じているのに我慢してる顔、やっと終わった時に見せる素直な笑顔。兎に角、美しく可愛い。殊に、眼、唇、そして毛、お尻、太腿、みな整っていて綺麗。
    どんなシチュエーションでも絵になる、これからが期待できる女優さん。早く次が観たい。
    前作では良い気持ちになった時の声や開いた口がとっても可愛かったのに、今回は封印されて残念。わたくし的に言えば、声も可愛いので、優しい男優とのラブラブの状況で、遠慮なくイクところが観たい。

    • 匿名
    • 2020年 7月 14日

    個人的にはこういう作品では抜けません。
    これならデビュー作の方が何倍も良いです。
    ファンとしては戸惑ってる表情とか色々な顔が見れるので悪くはないんですが初見向きではないです。
    次があるか解りませんが、元々女優の質が高いので奇をてらわない作品をお願いします。

    • 匿名
    • 2020年 9月 10日

    女優は小慣れ感も無く、どこにでもいる素人みたいで興奮するのだが、まずシチュエーションが良かった。
    特にライブ配信中にリスナーにバレないように(実際はバレバレだけど)セックスするのは時代に乗ってて良かったと思う。
    よくある彼氏が寝てる隣で声を我慢するネトラレ物は、もうマンネリ化してて抜けない。
    これからこう言う作品が増えてくれる期待も込めて☆5です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最新のコメント

アーカイブ

ページ上部へ戻る